ロゴマーク

メインイメージ

味噌田楽風なすのステーキ

Posted on Sep 21st, 2012


成田陽一さんの夏野菜
を使ったお料理のご紹介です。

茄子と味噌って抜群においしい組み合わせ。
成田さんの風味豊かな茄子の味わいを消してしまわぬよう、
味噌の分量は最小限に抑えて田楽風の茄子のステーキを作りました。

わずかな味噌でおいしく仕上げる秘訣は炒めたまねぎにあります。
たまねぎを極少量のごま油でじっくりいためて甘みを引きだし、
そこに酒で溶いた麦味噌を加えます。
たまねぎに味噌をなじませてソースの完成。

炒めて甘みを増したたまねぎと麦味噌が出会うと劇的においしいです(^^)
野菜と味噌の甘味とうま味が掛け合わされることによって
砂糖やみりんは全く必要ないし、塩分も最小限でばちっと味がきまります。

次は茄子を焼きます。
茄子は縦に数カ所皮をむき、3〜4cm程度の厚めに輪切りにします。
切り口にパラパラと塩をあてて15分ほどおき、脱水します。

出てきた水分をよくふき取り、
少量のごま油もしくは菜種油を熱したフライパンに加え、
皮目を重点的にしっかりと油を馴染ませて色止めします。

表面を油でコーティングできたら、茄子が1cm弱浸る程度に水と酒(1:1程度)を加え、
蓋をして蒸らし焼きにします。

こうして茄子を油で色止めしたあとに蒸らし焼きにすることで
極少量の油で茄子をしっとりと焼き上げることができます。
事前に塩をふって茄子を脱水することで凝縮感のある味わいになります。

茄子に6割り程度火が入った時点で、
裏返して、上にソースをたっぷりとのせてさらに蒸し焼きにします。

水が足りないようであれば随時水と酒を加えます。

茄子が焼き上がったら器に盛り、白ごまと穂紫蘇をあしらいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

    Comments List

  1. ぺっこり より:

    こんにちは

    とってもおいしそうですね。

    ぜひ家でも作ってみたいと思いますが、
    麦味噌がない場合は普通のみそでも
    大丈夫でしょうか?

    • aco より:

      ぺっこりさん

      こんにちは。はじめまして!ですね(^^)

      私は麦味噌の自然な甘味が茄子にあいそうだな〜と思ったので麦味噌を使いましたが、
      どんなお味噌でもお好みのもので作ってみて下さい。
      田舎味噌にみりんを少し加えたり、西京味噌や白みそをすこしブレンドしてもおいしいですよ!

  2. 海野 より:

    なす最高~♪
    あとしその実もいいね!
    昔よく、しその実の塩漬けでご飯をかっ込んだものです
    懐かしいなぁ

    • aco より:

      海野さん
      私も紫蘇の実の塩漬け大好きです。
      旬の時にたくさん仕込んでそのままごはんにのせたり、炒めものや和え物に利用して楽しんでいます!

  3. ぺっこり より:

    aco様

    早速試してみたいと思います。

    有難うございました。

Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5件のコメント

Search

無題ドキュメント

Facebook